都市部での被害も増加中:ハクビシンについて

Pocket

ハクシビン

たぬきのよう顔立ちに白い線が特徴的なハクビシンですが、それもまた害獣の一種です。屋内に侵入することもあるため注意が必要です。

田舎で多い害獣被害というイメージがあるかもしれませんが、都会での被害も増えていますのでハクビシンの習性や被害、対策について知っておくと役立ちます。

ハクビシンの生態

ハクビシンはジャコウネコ科に属する動物であり、体長は約50~70センチ、体重は3~5kgの小動物です。

ハクビシンは夜行性であり昼間はおとなしく寝ているのですが、夜に活発に活動するため音による被害も大きいのです。

ハクビシンの行動

ハクビシンは木登りを得意としており、都心でも電柱を上手く伝って移動するだけでなく、民家にも侵入してきます。

小動物で体も小さいのですが柔軟性のあるのが特徴であり、頭が入るスぺースがあれば簡単に侵入できてしまうのです。

雑食性のハクビシン

ハクビシンは何でも食べます。木の実、果実、野菜、穀物だけでなく昆虫やネズミ、カエルといった小動物も食べてしまうのです。

しかも野生動物特有の凶暴性も持ち合わせていますので、人間が駆除をしようとして襲われることもあります。

可愛らしい顔からは想像もできない獰猛姓がありますので、むやみに手を出さない方がいいのです。

しかも感染症を媒介する危険性もありますので、素手で触ろうとするのも危険度が高いのです。

ハクビシンのもたらす被害と対策

ハクビシンは人間の住居にも侵入するため、さまざまな被害を加えます。

ハクビシンの被害

ハクビシンは民家に侵入してきてさまざまな被害を与えます。夜行性であることから夜ニハクビシンが移動する足音がうるさい、糞尿の臭いなどによる被害が顕著です。

また近頃の住宅は気密性を高めるために断熱材を使用しているのですが、それを引きちぎって寝床にしている被害例も報告されています。

ノミやダニが増えるのもハクビシン被害のひとつです。ハクビシンの身体にはノミやダニが住みついておりそれが繁殖して家の中に被害をもたらすことがあります。

また雑食性ですから、畑の農作物を食べ荒らすだけでなく人間が飼っているペットが被害にあうこともあります。

中にはハクビシンよりも体が大きい動物が被害に遭ったと言う例も報告されていますので、ペットを飼っている方は要注意なのです。

ハクビシンの対策

ハクビシンを撃退するには捕獲が先決です。まず夜行性であるハクビシンの生態を理解することで、捕獲の方法が考えやすなくなります。

ハクビシンが巣を作っている場所を特定して、そこに罠を仕掛けてハクビシンを仕留めるのです。

ハクビシンを捕獲するために、ハクビシンを巣から追い出すために燻煙などを使います。そして仕掛けておいた網などに捕獲するのです。

再度侵入してくる事も考えられますので、今後の侵入対策もしっかりとやっておくと安心です。

ハクビシンはわずかな隙間からでも侵入してきますから、ハクビシンが入ってくると考えられる場所は隙間を埋めてハクビシンの侵入を完全にシャットアウト。

とはいえ、もし家に侵入された場合は、自分で対策するのは相当難しいのが現実です。捕獲や駆除するには自治体への申請と許可が必要になるので、手間もかかります。

このあたりのことは自治体のサイトにも書いてあるので、参考にしましょう。

近所でハクビシン(アライグマ)を見つけましたが、どうしたらいいですか? | 中野区公式ホームページ

ハクビシン・アライグマ対策 | 世田谷区

まとめ

ハクビシンが一度住みつくと、臭いや音の被害だけでなく健康や住宅にまで被害が拡大する危険性が高くなります。

ハクビシンなど害獣の駆除はプロにお願いすると、リスクも少なく安全にできるので、駆除業者への相談をおすすめします。

殺菌消毒する

ハクビシンはダニやノミだけでなく感染症の原因となる菌を持っている危険性が高いのです。

ハクビシンがいた、通ったと思われる場所に関しては十分に殺菌と消毒を行っておくようにしましょう。

また糞尿も臭いが強くてさっと拭き取っただけでは臭いもしみついて取れませんので、洗浄力の高い洗剤を使ってきれいにしましょう。

ハクビシン対策

ハクビシンが寄ってこないようにできることはたくさんあります。駆除してもその後またハクビシンが住みつかないように普段からできることを実践しておきましょう。

たとえばゴミや生ごみを外に置かない、ハクビシンが伝いそうな木の枝などは切り取るようにするなどが考えられます。

畑への侵入を防ぐために電気網や柵を利用するのも手段のひとつです。

Pocket